米国株を買うならドル定期預金ついでに利子をゲット

米国株を買うには当然、ドルが必要

高配当が魅力な米国株ですが、購入するには当然,円からドルに変える必要があります。

しかしながら、円からドルにするには為替スプレッドという手数料がかかります。

SBI証券を利用した場合1ドル当たり0.25円

住信SBIネット銀行なら1ドルにつき0.04円

住信SBIネット銀行で外貨積立を利用するなら1ドルにつき0.02円

となっています。

2019年3月29日約定分まで手数料無料

住信SBIネット銀行では現在キャンペーンを開催しており、

2019年1月7日(月)10:00~3月29日(金)17:00 約定分まで

米ドルを買い付ける時の手数料が無料になっています

 

SBI住信ネット銀行

https://contents.netbk.co.jp/cp/gaika/190107.html

円をドルにするなら外貨定期預金を利用するとお徳

現在キャンペーン中の特別金利

現在SBI住信で外貨定期預金した場合の金利はこのようになっています

気をつけないといけないのはこれはあくまで1ヶ月預け入れた場合の金利で、

預け入れ期間1ヶ月にした時のみ適用されます。

(通常の金利は年2.3%)

なので、実際の金利は税引き後の金利7.96%を12ヶ月で割った

0.633%が1ヶ月の金利になります。

なので、10万円をドルに替えて1ヶ月預ければ633円もらえることになります。

10万円をドルに替えると909ドルほどとなり、先ほどの手数料をかけると

909ドル×0.02で18円が手数料で

633-18円で615円。

利率0.615%が実際の金利。

円→ドル→円→ドル…と繰り返すと・・・?

誰でも思いつきそうだけど…?

円からドルに替えた後1ヶ月たったら、ドルを再び円に戻し、
円をドルに替えて定期預金にまた1ヶ月後に利子を受け取って円に戻す。

と、繰り返せば1ヶ月ごとに約0.615%ずつ増えていくはずだが、

実際には為替リスクがあり、1円ほどドル/円レートが変わるだけで

貰った利子分が無くなってしまうので、実際にはうまくいかなそうです。

米国株を買う時にブーストとして使うのがよさそう

結局のところ米国株を買う前に1ヶ月待って0.615%分利子を受け取って、

ほんの少しだけ多く株を買う。という正攻法で使うのが一番よさそうです。